220308_YSL_0338-edit.jpg

SDG′s on GAUDI

Exhibiton at the Embassy of Spain in Japan

Embassy of Spain in Japan, Roppongi, Tokyo

2022.03

Curation and Space design.

E_SDG_logo_without_UN_emblem_horizontal_Transparent_WEB.png

Project credits:

Sponsors: Cosentino Japan Inc.

Collaborators: Casa Batllo 

Organizers:  Color Science and Art Center (Tokyo Polytechnic University) & Embassy of Spain in Japan

Curation & Planning: Takeshi YAMAMURA (Assoc. Prof., Tokyo Polytechnic University)

Special Colaboration:  Shinto Tsushin Co., Ltd., Kyodo Public Relations

 Cooperation:  Bunri University Of Hospitality (Bunri Sato Gakuen Educational Institution), Waseda Architecture Archives, Institute of Gaudíology, YKK AP. Inc and Yamamura Lab, Kuhara Lab.(TPU)

Sponsors:  Cosentino Japan Inc.

Collaboration: Casa Batlló, Associació Japonesa d’Amistat amb Catalunya & Architectural Institute of Japan Kanto Chapter.

Constructor: GARDE Co., Ltd.

Photography: Munetaka Onodera

Graphic Design: motomoto

220308_YSL_0070-edit-S_edited_edited.jpg
220308_YSL_0019-edit-S_edited.jpg
220308_YSL_0358-edit-S_edited.jpg
220308_YSL_0129-edit_edited.jpg
220308_YSL_0287-edit-S_edited.jpg
220308_YSL_0338-edit_edited.jpg
220308_YSL_0505-edit_edited.jpg
220308_YSL_0519-edit-S_edited.jpg
220308_YSL_0555-edit_edited.jpg

20世紀の大量消費・大量生産時代から、現代は、脱炭素やカーボンニュートラル等の環境の時代へとかわり、ものづくりの転換点に直面しています。2030年に目指すべきゴールとしてSDGsを掲げ、世界中で日々新たな試みや知恵が生まれています。本展では、150年前の建築家であるアントニ・ガウディにそのヒントを求め、水や空気といった自然エネルギーを活用するデザインや、大地や自然の形態や素材のデザインを紹介します。ガウディはドラゴンや換気塔、鐘楼などを色彩鮮やかに彩ることで、それらの形に生命を与えデザインしました。人々の暮らしが楽しく明るいものになることを見据えていたガウディの眼差しを知ることで、現代のデザインを考えるヒントとなる発見があることでしょう。

「カサ・バトリョの窓(40%縮小再現)」はYKK AP企画・主催「未来をひらく窓―Gaudí Meets 3D Printing」 (2021年10月15日~11月3日、東京ミッドタウン)のために制作

 制作協力:YKK AP、カサ・バトリョ、東京工芸大学山村健研究室、早稲田大学石田航星研究室、前田建設工業ICI総合センター、PRODUCT DESIGN CENTER